快楽中毒となった天然美人妻のマゾ夫計画 第1話『プロローグ』

「素敵なリビングねぇ。
真美ね、こういう家に住むのが夢だったの。」

「新築にしてよかっただろ?
マンションだと隣の騒音が気になるし。
それに、ご近所さんも良い人そうだから安心だよ。」

結婚して5年――
僕・二堂ミキヤと妻・真美はついに新築を手に入れた。

今日から真美との新しい生活がはじまる。

「あ・・・いけない・・・
今日の夜ご飯の材料買い忘れちゃった。」

「あははww
真美らしいなw
まあ今日くらい出前でも頼んで、
ふたりでお祝いでもしようか。」

「そうね、そうしましょう。
お寿司もいいし、海鮮丼もいいわね。

・・・あれ?
スマートフォン、どこへやったかしら・・・」

「おいおいww
またどこかに失くしちゃったの?w
最近よく物を失くしてるねw」

このとおり、妻はどこか抜けてるところがある。
周りに流されやすいし、かなりおっとりとした性格――

でも僕は真美のそんな所が気に入っている。
とても愛らしく守ってやりたいという気持ちになる。

そんな妻との新たな生活が楽しみでならない。

次の話へ