寝取られマゾ,強姦魔に堕ちた凄テク彼女

前の話へ

ふたりのセックスが始まって1時間後・・・
凶次は佳奈美の膣内へ何度も中出しをし、そのたびに僕は何度も電気責めで悶え苦しんでいた。

「はぁぁ!最高だったぜ!
ひとまず休憩だ・・・」

寝取られマゾ,強姦魔に堕ちた凄テク彼女

前の話へ

「うふふ♥たまらない・・・
こんな快感をこれから何度も味わえるなんて。
まるで夢みたい・・・」

「そうだろぉ?そこで悶えまくってるマゾ野郎では絶対お前を満足させられなかっただろうぜ。」 ...

寝取られマゾ,強姦魔に堕ちた凄テク彼女

前の話へ

すぐ目の前にあるベッドで佳奈美が他の男と抱き合っている。
まるで付き合って間もないカップルのように仲睦まじいやり取りをしながら・・・
男と女の性欲のぶつかり合いが繰り広げられていた。

...

寝取られマゾ,強姦魔に堕ちた凄テク彼女

前の話へ

目を覚ますと、時刻はもう昼の12時を回っていた。
今日も佳奈美の姿はない。
また外出しているのだろう・・・

まあ強姦魔も捕まったことだし、外出しても危険なことはない。

そう ...

M男,強姦魔に堕ちた凄テク彼女

前の話へ

朝目が覚めると佳奈美の姿が見当たらなかった。
また買い物に出かけているのだろうか?

まだ強姦魔が捕まったという話は耳にしていない。

それなのに佳奈美はよく出かけている・・・

M男,強姦魔に堕ちた凄テク彼女

前の話へ

目覚めたのはお昼過ぎ・・・
僕が起きる前まで佳奈美はどこかに出かけていたようだ。

「近くのスーパーで安売りやってたから買ってきちゃった。
今日はたくさんご馳走するわよ。」

...

寝取られマゾ,強姦魔に堕ちた凄テク彼女

前の話へ

会社からは1週間ほど自宅療養という形で休みをもらった。
今日から1週間はずっと佳奈美と一緒にいられる。
こんな幸せがこれからもずっと続いていく。
昨日までの地獄の日々がまるで嘘だったかのよ ...

寝取られマゾ,強姦魔に堕ちた凄テク彼女

前の話へ

朝を迎えた。
物置でまた眠りについていた僕を佳奈美が起こしに来てくれた。

「颯くん、あの男が出て行ったの!
もう自由の身よ!」

佳奈美はすぐに僕を拘束している縄を解き、僕に ...

寝取られマゾ,強姦魔に堕ちた凄テク彼女

前の話へ

強姦魔が寝静まったのを見計らって佳奈美は僕がいる物置部屋に入ってきた。

「颯くん!颯くん起きて!」

僕は半裸の佳奈美から起こされた。

「佳奈美・・・佳奈美!」

「颯 ...

寝取られマゾ,強姦魔に堕ちた凄テク彼女

前の話へ

「どうだ?彼氏くんの様子は?」

「寝てるわ・・・。
ずっと縄で縛られてたんだもの。きっと苦しかったはずよ・・・」

「そうか・・・
しかし彼氏がうらやましいぜ。
あん ...